toggle
2020-09-05

マタニティ鍼灸はこんな治療です

妊娠中の鍼灸治療は、

・つわりの解消
・むくみのケア
・腰痛対策
・深い眠り
・逆子
・不安やストレスのケア
・美容 など、
マタニティ期に特化して行います。

また、週数に応じて
ツボや手法も細かく変わります。

薬の服用にも気をつけたい時期なので
妊娠中も鍼灸治療を継続されることを
おすすめしています。


鍼灸学生時代に
臨床医学を教えてくださった内科医の先生が
このように仰っていました。

「どんなに悪性なガンでも
 胎児の成長スピードにはかなわない。
 それほど妊娠期の体は
 目まぐるしく変わっていく。」


私にも経験があります。

肉体的にも精神的にも
どんどん変わるマタニティ期。

つわりもつらいですし、
え象?ってほどむくみますし、
幸せな気持ちと同じくらい
不安になることもあります。

今日こそゆっくり寝ようと
穏やかに過ごしていたら
いきなりイェーイと
お腹からクッキリ足が出てきたことも…。

ほんと、色々あります。

患者さまとそんな話をしながら
治療をすることもよくあります。


日々どんどん変わっていく
ママの心とカラダ。

妊娠を継続して無事出産し
患者さまもご家族も、
心身とも健康に過ごせるよう
しっかりサポートしていきます。

マタニティ鍼灸
約50分(およそ14週以降は60~70分)
5,400円(初診料1,000円)


鍼灸師 河北景子

(社)日本腸活体質改善アカデミー協会認定講師
NPO法人日本不妊カウンセリング学会学会員
(財)腸内細菌学会学会員

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自律神経失調症・不妊鍼灸
ルーチェ鍼灸院

広島市中区紙屋町1-4-3
エフケイビル403

広電紙屋町東駅徒歩2分
広電・アストラムライン本通駅徒歩2分
広島バスセンター徒歩5分

082-545-9588
info@luce-acp.com
LINE ID @luce-acp

https://www.luce-acp.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事